アパート賃貸経営と不動産投資信託への投資は、それぞれの長所を理解してやらないと想定通りの利益を得られません。

賃貸暮らしでしっかりと貯蓄する人たち

アパート賃貸経営と不動産投資信託への投資

不動産への投資と一言でいっても、いろいろな種類があります。アパート賃貸経営もそうですし、不動産投資信託への投資という方法もあります。そして、この2つは、それぞれの長所短所をしっかり理解して、自分がどちらの不動産投資をした方がいいかを冷静に見極める必要があります。土地が余っているから、投資資金を遊ばせておくのがもったいないから、という安易な理由で理解せずに投資行動を起こしてしまうと失敗する可能性があります。

まず、アパート賃貸経営ですが、不労所得ではないと理解した方が想定外が起こりにくくなります。不労所得というとまったく働かなくてもいいような印象を受けるかもしれませんが、アパート賃貸経営はそんなことはありません。管理会社を使うにしても、非常に手間がかかるのもですし、家賃未回収のリスクや空室リスクが常に付きまとうということを頭に入れておく必要があります。それを理解した上で取り組むのであれば、遊休土地を活かし、長期に渡って安定した収益を生み出すという長所をしっかり享受することができるでしょう。

また、不動産投資信託への投資の長所は、その手軽さです。資金さえあれば、その投資信託を買い、後は待っているだけでまるで実物不動産に投資したのと同じ収益が得られる可能性がある点です。管理の手間もほとんどかかりませんから、不動産投資の素人でもできる点も長所です。その代わり、買った価格からの値下がりリスクは絶対に避けられません。その点をしっかり理解しておく必要があります。

おすすめ情報

Copyright 2017 賃貸暮らしでしっかりと貯蓄する人たち All Rights Reserved.