賃貸ではゴミ出しルールをしっかり守りたいところです。一人の勝手が他人に迷惑をかけることになります。

賃貸暮らしでしっかりと貯蓄する人たち

賃貸ではゴミ出しのルールを守ろう

賃貸住宅で気をつけたいことは頻繁に出る「ゴミ」のルールについてです。ゴミ出しは一人一人がルールを守らなければ他人に迷惑をかけることになります。実際に、苦情が多いのもルールを守らない人がいるためです。地域によってゴミ出しのルールは変わってきますので、その地域のゴミ出しルール(何曜日は何のゴミ・ゴミの仕分け・粗大ゴミの出し方)が書かれたチラシを手に入れてよく読みましょう。このチラシは、不動産会社が用意してくれる場合もありますし、役所でもらうこともできます。指定のゴミ袋がある場合は指定の袋を購入してから出さなければならないところもあります。

仕分けをきちんとしていなかったり、粗大ゴミを置いていたり、ゴミの種類が指定曜日ではないときにも回収してもらえないので、ゴミがずっとその場所にあることになります。ゴミ置場がその地域の個人宅の近くや目の前であったりする場合は、個人宅に住んでいる方に大変迷惑がかかります。カラスが漁ってゴミが散らばったり、臭いが酷かったり…ととんでもないことになります。マンション内に専用置場があっても、みんなで使う共用部分ですから一人がルールを守らないと当然迷惑がかかります。もし収集時間に間に合わなかったときには、その場に放置すると次の回収が来週、再来週となることもあります。間に合わなければきちんと持ち帰って、次の回収まで待ってから、次は間に合うように出しましょう。

正しくゴミ出しをすれば、ゴミが回収されなくて溜まることは起こらないのです。

おすすめ情報

Copyright 2017 賃貸暮らしでしっかりと貯蓄する人たち All Rights Reserved.