初めての集合賃貸住宅で生活を始めるときに気をつけたい事についてです。暗黙のルールを守りましょう。

賃貸暮らしでしっかりと貯蓄する人たち

集合賃貸住宅でのルール

初めて賃貸暮らしをする方に気をつけたい事項についてです。集合住宅では、暗黙のルールというものが存在します。一人暮らしとはいえ、壁や天井で仕切られているだけで両隣や上下の部屋には他人が暮らしているのです。初めてだと何が良いことなのか・悪いことなのか分からないと思いますので、事前に頭に入れてもらいたい事を説明していきたいと思います。

・生活音に関して洗濯機を回すこと、お風呂に入ること、音楽を聴くこと、掃除機をかけること、テレビを見ること、ゲームをすること、は一人暮らしなら誰にも干渉されることなく自由にしてもいいことです。ただし、時間帯と音量には気をつけなければいけません。通常周りが寝ているであろう時間帯にこれらのことをすると迷惑がかかってしまう恐れがあります。いくら鉄筋コンクリート造りだとは言っても、一切音が聞こえないわけではありません。大音量だと普通に聞こえます。また、お昼であってもテレビや音楽の音量は節度を持ちましょう。一人暮らしをすると、部屋に友達を呼びたくなるのも分かりますが騒ぎ過ぎないよう気をつけましょう。

・ペット、楽器がOKでも…ペットを飼いたいからペット可物件を選んだ、楽器をしたいから楽器可物件を選んだ、とそこまではいいのですが、ここでも常識を考える必要があります。ペットの鳴き声が一日中響いたり、共用部分に用を足したり、と周囲に迷惑がかかることがあってはいけません。楽器に関しても、防音とはいえ全く聞こえないわけではないので非常識な時間帯には止めておきましょう。

Copyright 2017 賃貸暮らしでしっかりと貯蓄する人たち All Rights Reserved.